今買いたい大化け候補銘柄 7月31日

JBCCHD <9889>
20年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比33.3%増の9.8億円に拡大して着地。情報ソリューション分野で超高速開発の大型案件や業務改善アプリケーション開発案件の受注が伸びたほか、セキュリティサービスやWindows10更新関連のシステム販売が好調だったことが寄与。第1四半期業績の好調に伴い、通期の同利益を従来予想の24.5億円→29.5億円に20.4%上方修正。従来の10.5%減益予想から一転して7.7%増益見通しとなった。

日本エスコン <8892>
19年12月期上期(1-6月)の連結経常利益を従来予想の56億円→61.9億円に10.7%上方修正。増益率が76.2%増→95.0%増に拡大し、従来の12期ぶりの上期の過去最高益予想をさらに上乗せした。不動産販売事業でホテル開発案件や商業施設などの売却益が想定を上回ったことが利益を押し上げた。

東日本旅客鉄道 <9020>
4-6月期(1Q)経常は7%増益で着地。発行済み株式数の1.02%にあたる388万9800株の自社株を消却する。消却予定日は8月5日。

医学生物 <4557>
20年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比2.0倍の3.4億円に急拡大して着地。主力の試薬事業で前期に発売した遺伝子検査試薬2品目の販売が拡大したことに加え、中国企業向けマテリアルなども伸び、17.7%の大幅増収を達成したことが寄与。

今買いたい大化け候補銘柄 7月29日

エスティック <6161>
4-6月期(1Q)経常は63%増益で着地。発行済み株式数の8.84%にあたる26万株(金額で13億6968万円)を上限に自社株TOB(株式公開買い付け)を実施する。公開買い付け期間は7月29日から8月26日まで。買い付け価格は5178円。

スリー・ディー・マトリックス <7777>
同社の自己組織化ペプチドと臨床使用実績のあるホウ素薬剤(BSH)からなる新規ホウ素薬剤について、岡山大学保有の国内特許が登録となった。

PCA <9629>
20年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比8.7倍の5.9億円に急拡大して着地。働き方改革の進展やWindows7のサポート終了に伴うパソコン買い替え需要を背景に、主力の会計ソフトやクラウドサービスが引き続き好調だったことが寄与。第1四半期実績の通期計画の14.9億円に対する進捗率は39.9%に達しており、業績上振れが期待される。

アイチコーポ <6345>
20年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比2.5倍の17.5億円に急拡大して着地。排ガス規制による特需でレンタル業界や電力業界、通信業界向けに高所作業車など特装車の販売が大きく伸びたことが寄与。上期計画の27億円に対する進捗率は64.9%に達しており、業績上振れが期待される。