Category Archives: 投資

四季報記者が選んだ新年度大バケ期待の20銘柄(2月26日)

メガチップス <6875>
21年3月期の連結最終利益を従来予想の27億円→200億円に7.4倍上方修正し、7期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなった。ゲームソフトウェア格納用と中心としたLSI製品の需要が想定以上に伸びることが寄与。米サイタイム社の株式売却益を計上することも最終利益を大きく押し上げる。

CAICA <2315>
フィスコ <3807> [JQG]との資本業務提携を強化。また、持ち分法適用関連会社であるZaif Holdingsの株式を取得し連結子会社化する。暗号資産ビジネスを強化。

ネクスグループ <6634>
21年11月期にZaif Holdings株の売却益6億円、フィスコ <3807> [JQG]株の売却益2400万円を特別利益に計上する。Zaif株の売却先はCAICA <2315> [JQ]、フィスコ株はCAICAとクシム <2345> [東証2]。また、CAICAが保有する同社株すべてを取得する。これによりCAICAの持ち分法適用会社から外れる。取得価額は5億8900万円。

住友電 <5802>
21年3月期の連結経常利益を従来予想の830億円→970億円に16.9%上方修正。減益率が36.4%減→25.7%減に縮小する見通しとなった。今期業績の上方修正は2月3日に続き、3回目。自動車関連製品の販売が想定を上回ることが寄与。生産性向上によるコスト削減に加え、持ち分法投資損益が改善することも上振れに貢献する。

2月5日の今買う大化け株

KADOKAWA <9468>
今期経常を27%上方修正・最高益予想を上乗せ、配当も20円増額。また、発行済み株式数の4.01%にあたる284万4950株の自社株を消却する。このほか、サイバーエージェント <4751> とソニー <6758> を引受先とする284万4950株の第三者割当増資を実施する。

ピラー <6490>
21年3月期の連結経常利益を従来予想の36億円→44億円に22.2%上方修正。従来の3.4%減益予想から一転して18.1%増益見通しとなった。半導体・液晶製造装置関連業界向けピラフロン製品の販売が増加することが収益を押し上げる。業績好調に伴い、今期の年間配当を従来計画の40円→45円(前期は40円)に増額修正した。

GSユアサ <6674>
21年3月期の連結経常利益を従来予想の170億円→220億円に29.4%上方修正。減益率が26.4%減→4.8%減に縮小する見通しとなった。国内外で自動車補修用電池の販売が好調に推移することが上振れの要因となる。併せて、期末一括配当を従来計画の35円→40円(前期は50円)に増額修正した。

グローリー <6457> 
21年3月期の連結経常利益を従来予想の80億円→100億円に25.0%上方修正。減益率が48.9%減→36.1%減に縮小する見通しとなった。金融市場や流通・交通市場向け貨幣処理機の販売が伸びるほか、新500円硬貨発行に伴う改造作業などの保守売上高が増加することが寄与。経費支出の抑制やプロダクトミックスの改善も利益押し上げる。業績上振れに伴い、今期の年間配当を従来計画の60円→66円(前期は66円)に増額修正した。

イメージ ワン <2667> 
創イノベーションとのALPS処理水除去技術の共同実証試験で1次試験が完了し良好な結果を得た。3月末をメドに2次試験の完了を目指す。

1月29日の今買う大化け株

<6193> バーチャレク
ストップ高。21年3月期の営業損益を従来予想の0.30億円の黒字から1.10億円の黒字(前期実績1.92億円の赤字)に上方修正している。ストックビジネスのアウトソーシング事業が従来予想よりも好調に推移したほか、IT&コンサルティング事業で予定を上回る案件の獲得があった。製造経費や販管費などコスト削減を継続したことも利益を押し上げるとみている。

ファナック <6954>
21年3月期の連結経常利益を従来予想の963億円→1195億円に24.1%上方修正。従来の6.3%減益予想から一転して16.2%増益見通しとなった。今期業績の上方修正は昨年10月に続き、2回目。FA、ロボット、ロボマシンの各分野で、IT関連やEV関連などの旺盛な需要が見込まれることが上振れの背景となる。

イーグル工 <6486>
21年3月期の連結経常利益を従来予想の32億円→62億円に93.8%上方修正。減益率が52.7%減→8.4%減に縮小する見通しとなった。今期業績の上方修正は昨年10月に続き、2回目。自動車・建設機械業界向け事業で国内、海外ともに販売が想定以上に回復することが上振れの要因となる。

エクセディ <7278>
21年3月期の連結税引き前利益を従来予想の45億円→110億円に2.4倍上方修正。減益率が69.9%減→26.5%減に縮小する見通しとなった。今期業績の上方修正は昨年10月に続き、2回目。新型コロナウイルス感染拡大の影響で落ち込んだ自動車関連の需要が回復に向かうことが上振れの背景。

12月18日の今買う大化け株

BASE <4477>
ネットショップ作成サービス「BASE」がHamee <3134> のクラウド型ECプラットフォーム「ネクストエンジン」とサービス連携し、拡張機能「ネクストエンジン App」を提供開始。複数のネットショップを一元管理して業務を効率化する。

シミックホールディングス <2309>
20年9月期の連結経常利益は前の期比25.4%減の28.6億円になったが、21年9月期は前期比8.1%増の31億円に伸びる見通しとなった。24期連続増収になる。同時に、前期の年間配当を22円→25円(前の期は32円)に増額し、今期も前期比2円増の27円に増配する方針とした。

日本アジア投資 <8518>
中国成都市ハイテク産業開発区管理委員会、文化観光技術事業と娯楽事業を行う上海利暘文化科技発展有限公司と協力協定を締結。

アクシス <4012>
20年12月期の経常利益(非連結)を従来予想の2億7400万円→3億4900万円に27.4%上方修正。増益率が48.9%増→89.7%増に拡大する見通しとなった。新型コロナウイルス感染拡大による受注への影響が限定的なことに加え、費用の抑制やエンジニアの中途採用がコロナ禍で制限されたことなどが上振れの要因となる。

フィックスターズ <3687>
発行済み株式数(自社株を除く)の1.21%にあたる40万株(金額で3億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は12月18日から21年9月30日まで。

12月8日の今買う大化け株

丸一鋼管 <5463>
発行済み株式数(自社株を除く)の2.05%にあたる170万株(金額で38億2500万円)を上限に、12月8日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で自社株買いを実施する。

ナ・デックス <7435>
21年4月期の連結経常利益を従来予想の2億9000万円→5億4500万円に87.9%上方修正。減益率が70.3%減→44.3%減に縮小する見通しとなった。新型コロナウイルス感染拡大の影響による採算悪化が想定より軽微にとどまることが上振れの要因。併せて、今期の年間配当を従来計画の10円→11円(前期は19円)に増額修正した。

学情 <2301>
20年10月期の経常利益(非連結)は前の期比32.5%減の13.7億円に落ち込んだが、従来予想の11.5億円を上回って着地。続く21年10月期は前期比21.7%増の16.7億円に回復する見通しとなった。前期はコロナ禍で合同企業説明会「就職博」が低迷したものの、新卒向け就職情報サイト「あさがくナビ」はオンライン需要を捉えて高成長を維持した。今期は若手採用ニーズが回復傾向にあるなか、2ケタ増収増益を見込む。併せて、今期の年間配当は前期比3円増の33円に増配する方針とした。

ホシデン <6804>
発行済み株式数(自社株を除く)の3.42%にあたる200万株(金額で20億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は12月8日から21年1月29日まで。

10月28日の今買う大化け株

シマノ<7309>
自転車部品の大手で、新型コロナウイルス感染拡大を背景に“3密”を避ける移動手段として自転車へのニーズが高まるなか収益環境に追い風が吹いている。同社は27日取引終了後に20年12月期業績予想の修正を発表、営業利益は従来予想の635億円から770億円(前期比13%増)に大幅増額修正しており。これを評価する買いを呼び込んでいる。

エムケー精工 <5906>
21年3月期上期(4-9月)の連結経常利益は前年同期比34.2%増の8.6億円に拡大し、従来の38.1%減益予想から一転して増益で着地。巣ごもり需要の増加を背景に、ライフ&サポート事業で電子レンジ置台や小型保冷米びつ、パン焼き機の販売が好調だったほか、音響関連も新商品の投入で売り上げを伸ばした。
  
マキヤ <9890>
21年3月期上期(4-9月)の連結経常利益を従来予想の6.5億円→15.1億円に2.3倍上方修正。増益率が92.3%増→4.5倍に拡大し、9期ぶりに上期の過去最高益を更新する見通しとなった。巣ごもり需要の高まりを背景に、生鮮食品や加工食品が大幅に増加したほか、消毒・衛生関連商品や生活関連商品などの販売も好調だった。

グリー<3632>
前日に第1四半期の決算を発表、営業利益は16億円で前年同期比35.6%増益となった。前四半期は0.6億円の赤字であった。市場予想は9億円程度であったため、想定以上の収益改善として評価の動きが先行へ。売上は想定線であったため、営業費用などのコスト削減効果が収益増を牽引する形に。なお、ゲーム事業のユーザーのコイン消費額も第1四半期には底打ちの様相を呈している。

今が買いの上昇が期待銘柄 10月21日

 椿本興 <8052>
20年3月期上期(4-9月)の連結経常利益を従来予想の28億円→32.5億円に16.1%上方修正。従来の7.3%減益予想から一転して7.5%増益を見込み、3期連続で上期の最高益を更新する見通しとなった。半導体関連以外の設備投資需要が想定より堅調に推移したことに加え、親会社の大口案件工事が早く進んだことも上振れに貢献した。

 SEHI <9478>
20年3月期上期(4-9月)の連結経常利益を従来予想の9000万円→2億2900万円に2.5倍上方修正。従来の32.3%減益予想から一転して72.2%増益見通しとなった。専門書販売やWebメディア、電子書籍が好調だった出版事業の収益が拡大したうえ、教育・人材事業で計画を上回る利益を稼ぎ出したことも上振れに貢献した。

福井コン <9790>
20年3月期上期(4-9月)の連結経常利益を従来予想の20.2億円→28.5億円に41.3%上方修正。増益率が3.7%増→46.6%増に拡大し、従来の8期連続での上期の過去最高益予想をさらに上乗せした。測量関連製品やITソリューション事業における選挙出口調査システムの受注が伸び、売上高が計画を18.1%も上回ったことが利益を押し上げた。

中村超硬 <6166>
科学技術振興機構(JST)の委託を受け取り組んできた開発課題「ゼオライトナノ粒子の製造技術の確立」がJSTから成功と認定された。ゼオライトナノ粒子の早期事業化を目指す。

クラスターテクノロジー <4240>
東証が18日売買分から信用取引の臨時措置(委託保証金率を50%以上[うち現金20%以上]とする)を解除する。日証金も増担保金徴収措置を解除。