四季報記者が選んだ新年度大バケ期待の20銘柄(2月26日)

メガチップス <6875>
21年3月期の連結最終利益を従来予想の27億円→200億円に7.4倍上方修正し、7期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなった。ゲームソフトウェア格納用と中心としたLSI製品の需要が想定以上に伸びることが寄与。米サイタイム社の株式売却益を計上することも最終利益を大きく押し上げる。

CAICA <2315>
フィスコ <3807> [JQG]との資本業務提携を強化。また、持ち分法適用関連会社であるZaif Holdingsの株式を取得し連結子会社化する。暗号資産ビジネスを強化。

ネクスグループ <6634>
21年11月期にZaif Holdings株の売却益6億円、フィスコ <3807> [JQG]株の売却益2400万円を特別利益に計上する。Zaif株の売却先はCAICA <2315> [JQ]、フィスコ株はCAICAとクシム <2345> [東証2]。また、CAICAが保有する同社株すべてを取得する。これによりCAICAの持ち分法適用会社から外れる。取得価額は5億8900万円。

住友電 <5802>
21年3月期の連結経常利益を従来予想の830億円→970億円に16.9%上方修正。減益率が36.4%減→25.7%減に縮小する見通しとなった。今期業績の上方修正は2月3日に続き、3回目。自動車関連製品の販売が想定を上回ることが寄与。生産性向上によるコスト削減に加え、持ち分法投資損益が改善することも上振れに貢献する。

四季報記者が選んだ新年度大バケ期待の20銘柄(2月23日)

ミナトホールディングス <6862>
発行済み株式数(自社株を除く)の1.03%にあたる8万株(金額で3000万円)を上限に自社株買いを実施する。また、株主優待制度を変更。優待品のうち、「タッチペン」を子会社プリンストンが取り扱う商品(保有株数と保有期間に応じて1500円~3万円相当以上)に変更する。

<7068> フィードフォース
21年5月期の営業利益を従来予想の6.44億円から8.39億円(前期実績4.15億円)に上方修正している。プロフェッショナルサービス事業が計画を上回って進捗していることに加え、広告業界の季節性要因による業績拡大を織り込んだ。SaaS事業も新規案件の獲得や売上単価の増加で堅調に推移しているほか、採用抑制やリモート勤務に伴い営業費用が減少したことも利益を押し上げる見通し。

JFEシステムズ <4832>
21年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比6.1%減の30.9億円に減った。しかしながら、併せて通期の同利益を従来予想の38億円→45億円(前期は48億円)に18.4%上方修正し、減益率が20.9%減→6.3%減に縮小する見通しとなった。

滋賀銀行 <8366>
発行済み株式数(自社株を除く)の1.09%にあたる55万株(金額で10億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は2月22日から3月24日まで。うち49万7500株を2月22日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で取得する。

四季報記者が選んだ新年度大バケ期待の20銘柄(2月18日更新)

アップル <2788>
20年12月期の連結経常利益を従来予想の3億円→5億円に63.7%上方修正。増益率が6.6%増→74.6%増に拡大する見通しとなった。新型コロナウイルス感染拡大に伴うロックダウン解除後に、海外中古車輸出販売事業の売上高が急回復したことが寄与。販管費などのコスト削減に加え、持ち分法投資利益1.4億円を計上したことも利益を押し上げた。

JMDC <4483>
20年10-12月期(第3四半期)業績は、主力のヘルスビッグデータ事業が大きく成長し、税引き前利益は過去最高だった直前の四半期(7-9月期)を74.2%も上回る13億円に拡大して着地。製薬会社や保険会社の上位顧客を中心にデータの取り扱いが急速に拡大したうえ、健康保険組合や医療機関向けサービスの利用も大きく伸びた。

KeePer技研 <6036>
10-12月期(第2四半期)は、SNSでのユーザー評価の上昇を背景に、高価格帯のコーティング施工が大幅に増加したことに加え、コロナ禍で車を長くきれいに乗り続けたいという需要が高まったことも追い風となった。業績好調に伴い、早くも今期2回目となる21年6月期通期予想の上方修正に踏み切っている。

エイベックス <7860>
21年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常損益は38.1億円の赤字(前年同期は17.9億円の黒字)に転落した。直近3ヵ月の実績である10-12月期(3Q)の連結経常損益は12.5億円の赤字(前年同期は29.8億円の黒字)に転落し、売上営業損益率は前年同期の7.8%→-6.8%に急悪化した。

四季報記者が選んだ新年度大バケ期待の20銘柄(2月15日更新)

 カカクコム<2371>
第3四半期累計(20年4~12月)連結決算が、売上高377億6800万円(前年同期比16.5%減)、営業利益134億6900万円(同35.5%減)、純利益88億8900万円(同36.4%減)と大幅減益となったが、目先の悪材料出尽くし感から買われているようだ。

 エイベックス <7860>
21年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常損益は38.1億円の赤字(前年同期は17.9億円の黒字)に転落した。直近3ヵ月の実績である10-12月期(3Q)の連結経常損益は12.5億円の赤字(前年同期は29.8億円の黒字)に転落し、売上営業損益率は前年同期の7.8%→-6.8%に急悪化した。

<2315> CAICA
米電気自動車大手のテスラが暗号資産(仮想通貨)のビットコインを15億ドル分購入したと伝えられ、これが買い材料視されている。テスラによる購入を受けてビットコイン価格は急騰し、過去最高値を更新した。CAICAは暗号資産に関するシステムなどのほか、ビットコイン相場を対象とするeワラントも手掛けており、関連銘柄の一角として物色されているようだ。

資生堂 <4911>
20年12月期の連結経常利益は前の期比91.1%減の96.3億円に落ち込んだが、21年12月期は前期比3.2倍の310億円に伸びる見通しとなった。同時に、今期の年間配当は前期比10円増の50円に増配する方針とした。

2月15日のストップ高予想銘柄

小野建 <7414>
21年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比8.4%減の38.7億円に減った。しかしながら、併せて通期の同利益を従来予想の52.1億円→62.8億円(前期は65.2億円)に20.5%上方修正し、減益率が20.2%減→3.8%減に縮小する見通しとなった。

<2315> CAICA
米電気自動車大手のテスラが暗号資産(仮想通貨)のビットコインを15億ドル分購入したと伝えられ、これが買い材料視されている。テスラによる購入を受けてビットコイン価格は急騰し、過去最高値を更新した。CAICAは暗号資産に関するシステムなどのほか、ビットコイン相場を対象とするeワラントも手掛けており、関連銘柄の一角として物色されているようだ。

QDレーザ <6613>
21年3月期第3四半期累計(4-12月)の最終損益(非連結)は6.9億円の赤字となった。

コロプラ <3668>
21年9月期第1四半期(10-12月)の連結経常利益は前年同期比54.3%減の17.3億円に大きく落ち込んだ。
直近3ヵ月の実績である10-12月期(1Q)の売上営業利益率は前年同期の34.5%→15.9%に急低下した。

クラウドワークス <3900>
21年9月期第1四半期(10-12月)の連結営業損益は1億0700万円の黒字(前年同期は2100万円の赤字)に浮上して着地した。
併せて、非開示だった通期の業績予想は営業損益(非連結)が1億円の黒字(前期連結は2億9800万円の赤字)を見込み、2期ぶりに過去最高益を更新する見通しを示した。

2月10日のストップ高予想銘柄

シンバイオ製薬<4582>
売上高が前期比5.3%増の29.87億円、営業損失が45.06億円(前期は43.01億円の損失)、経常損失が46.15億円(同43.76億円の損失)、当期純損失が40.90億円(同43.76億円の損失)となった。

QDレーザ<6613>
同社は、レーザ技術を用いて半導体レーザや網膜走査型レーザアイウェアなどの開発から販売までを行う。公募株式数945万1800株、売出株式数410万7600株のほか、オーバーアロットメントによる売り出し203万3900株。主幹事はSMBC日興証券。

<2398> ツクイHD
投資ファンドMBKパートナーズ系のMBKP Lifeが完全子会社化を目指してTOBを実施すると発表している。TOB価格は924円としており、前日終値に対するアップ率は34.9%となっている。買い付け期間は9日から3月24日まで、TOB成立後は上場廃止となる。会社側ではTOBに賛同の意を表明しており、TOB価格に完全サヤ寄せを目指す動きとなっている。

<2315> CAICA
米電気自動車大手のテスラが暗号資産(仮想通貨)のビットコインを15億ドル分購入したと伝えられ、これが買い材料視されている。テスラによる購入を受けてビットコイン価格は急騰し、過去最高値を更新した。CAICAは暗号資産に関するシステムなどのほか、ビットコイン相場を対象とするeワラントも手掛けており、関連銘柄の一角として物色されているようだ。

2月8日の今買う大化け株

長瀬産業 <8012>
今期経常を一転10%増益に上方修正、配当も2円増額。発行済み株式数(自社株を除く)の3.63%にあたる450万株(金額で60億円)を上限に自社株買いを実施。また、2月26日付で300万株の自社株を消却する。

QDレーザ<6613>
同社は、レーザ技術を用いて半導体レーザや網膜走査型レーザアイウェアなどの開発から販売までを行う。公募株式数945万1800株、売出株式数410万7600株のほか、オーバーアロットメントによる売り出し203万3900株。主幹事はSMBC日興証券。

エー・アンド・デイ <7745>
21年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比70.9%増の31.1億円に拡大した。併せて、通期の同利益を従来予想の34.5億円→45.2億円(前期は34.3億円)に31.0%上方修正し、増益率が0.5%増→31.7%増に拡大し、従来の2期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした。

ピーエス三菱 <1871>
21年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比73.4%増の66.6億円に拡大した。併せて、通期の同利益を従来予想の45.5億円→70億円(前期は48.9億円)に53.8%上方修正し、一転して42.9%増益見通しとなった。

JTOWER <4485>
4-12月期(3Q累計)経常は黒字浮上・通期計画を超過。東京都が展開する「次世代シェアオフィス」事業の5G整備事業者に選定。

12月14日の今買う大化け株

インティメート・マージャー <7072>
3rd Party Cookieを利用せずに、異なるドメイン間で3rd Party Dataを連携する共通IDソリューション「IM Universal Identifier」の提供、および各プラットフォームとの連携を開始。

アセンテック <3565>
21年1月期第3四半期累計(2-10月)の経常利益(非連結)は前年同期比38.6%増の5億2400万円に拡大して着地。コロナ禍でテレワークを導入する企業が増えるなか、米シトリックスの仮想デスクトップソフトや自社製品「Resalio Lynx」が急速に伸びたことが寄与。サブスクリプションなど継続収入ビジネスの拡大で利益率が向上したことも大幅増益に貢献した。

ベース <4481>
20年12月期第3四半期累計(1-9月)の連結経常利益は前年同期比57.2%増の20.6億円に拡大した。併せて、通期の同利益を従来予想の20.3億円→22.6億円(前期は16.5億円)に11.3%上方修正し、増益率が23.0%増→36.9%増に拡大し、従来の3期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした。

ウェルス・マネジメント <3772>
子会社ホテルWマネジメントがインターコンチネンタル・ホテルズ・グループのIHG Japan Management合同会社と箱根強羅ホテル開発事業におけるホテル運営委託契約を締結。

ペプチドリーム <4587>
仏Amolyt Pharmaと先端巨大症を適応症とする新たな治療薬の開発を目的とした、成長ホルモン受容体拮抗薬(GHRA)候補ペプチド化合物の最適化に関する戦略的共同研究開発、およびライセンスオプション契約を締結。

11月5日の今買う大化け株

淀川製鋼所 <5451>
発行済み株式数(自社株を除く)の1.03%にあたる30万株(金額で5億9340万円)を上限に、11月5日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で自社株買いを実施する

サンリオ <8136>
発行済み株式数(自社株を除く)の4.04%にあたる339万1700株(金額で60億円)を上限に、11月5日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で自社株買いを実施する。

スカパーJ <9412>
21年3月期の連結経常利益を従来予想の125億円→165億円に32.0%上方修正。従来の22.3%減益予想から一転して2.6%増益見通しとなった。メディア事業でコスト構造の見直しが進展することが寄与。宇宙事業におけるコロナ禍に伴う運営コストの低減や一部の先行費用の発生延期なども上振れの要因となる。

ソリトン <3040>
20年12月期の連結経常利益を従来予想の10.4億円→15億円に44.2%上方修正。従来の1.0%減益予想から一転して42.7%増益見通しとなった。ITセキュリティ事業でテレワーク向けリモートデスクトップのクラウドサービスが想定以上に伸びることが寄与。「GIGAスクール構想」で主力製品の採用が進むことも上振れに貢献する。業績好調に伴い、今期の年間配当を従来計画の10円→12円(前期は10円)に増額修正した。

扶桑薬 <4538>
21年3月期上期(4-9月)の経常利益(非連結)を従来予想の7.5億円→16億円に2.1倍上方修正。増益率が19.6%増→2.6倍に拡大する見通しとなった。後発医薬品の販売促進効果などで、売上高が計画を上回ったことが寄与。原価率の低減に加え、販管費が想定を下回ったことも利益を押し上げた。

10月26日の今買う大化け株

<5911> 横河ブHD 
前日に上半期業績予想の上方修正を発表している。営業利益は従来予想の55億円から83億円、前年同期比74.9%増に増額、橋梁事業の受注・生産が好調に推移する中、長期大型工事の設計変更について予定よりも早い進展が複数あり、竣工時に生じやすい利益の上振れが第2四半期に実現したもよう。第1四半期は減益決算であったため、上半期大幅増益決算にはインパクトが強まる形へ。

 東邦亜鉛 <5707>
21年3月期の連結経常損益を従来予想の10億円の黒字→42億円の黒字(前期は144億円の赤字)に4.2倍上方修正。金属相場の上昇に伴い、在庫評価益が増加することなどが上振れの要因となる。

 村田製 <6981>  
21年3月期上期(4-9月)の連結税引き前利益を従来予想の980億円→1330億円に35.7%上方修正。従来の21.5%減益予想から一転して6.6%増益見通しとなった。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた部品需要の回復が想定より早まり、売上高が計画を10.3%も上回ったことが利益を押し上げた。モジュールやコンデンサーを中心にスマートフォン、パソコン関連、自動車向けの需要が伸びた。

 SEHI <9478>
21年3月期上期(4-9月)の連結経常利益は前年同期比79.5%増の4.1億円に拡大して着地。出版事業で書籍のオンライン販売やWebメディア、電子書籍販売が好調だったうえ、店頭販売も回復したことが寄与。ソフトウェア・ネットワーク事業の採算改善に加え、教育・人材事業でIT人材研修が伸びたことも大幅増益に貢献した。併せて、非開示だった通期の同利益は前期比35.7%増の6億円に拡大する見通しを示した。