2月10日のストップ高予想銘柄

シンバイオ製薬<4582>
売上高が前期比5.3%増の29.87億円、営業損失が45.06億円(前期は43.01億円の損失)、経常損失が46.15億円(同43.76億円の損失)、当期純損失が40.90億円(同43.76億円の損失)となった。

QDレーザ<6613>
同社は、レーザ技術を用いて半導体レーザや網膜走査型レーザアイウェアなどの開発から販売までを行う。公募株式数945万1800株、売出株式数410万7600株のほか、オーバーアロットメントによる売り出し203万3900株。主幹事はSMBC日興証券。

<2398> ツクイHD
投資ファンドMBKパートナーズ系のMBKP Lifeが完全子会社化を目指してTOBを実施すると発表している。TOB価格は924円としており、前日終値に対するアップ率は34.9%となっている。買い付け期間は9日から3月24日まで、TOB成立後は上場廃止となる。会社側ではTOBに賛同の意を表明しており、TOB価格に完全サヤ寄せを目指す動きとなっている。

<2315> CAICA
米電気自動車大手のテスラが暗号資産(仮想通貨)のビットコインを15億ドル分購入したと伝えられ、これが買い材料視されている。テスラによる購入を受けてビットコイン価格は急騰し、過去最高値を更新した。CAICAは暗号資産に関するシステムなどのほか、ビットコイン相場を対象とするeワラントも手掛けており、関連銘柄の一角として物色されているようだ。