11月5日の今買う大化け株

淀川製鋼所 <5451>
発行済み株式数(自社株を除く)の1.03%にあたる30万株(金額で5億9340万円)を上限に、11月5日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で自社株買いを実施する

サンリオ <8136>
発行済み株式数(自社株を除く)の4.04%にあたる339万1700株(金額で60億円)を上限に、11月5日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で自社株買いを実施する。

スカパーJ <9412>
21年3月期の連結経常利益を従来予想の125億円→165億円に32.0%上方修正。従来の22.3%減益予想から一転して2.6%増益見通しとなった。メディア事業でコスト構造の見直しが進展することが寄与。宇宙事業におけるコロナ禍に伴う運営コストの低減や一部の先行費用の発生延期なども上振れの要因となる。

ソリトン <3040>
20年12月期の連結経常利益を従来予想の10.4億円→15億円に44.2%上方修正。従来の1.0%減益予想から一転して42.7%増益見通しとなった。ITセキュリティ事業でテレワーク向けリモートデスクトップのクラウドサービスが想定以上に伸びることが寄与。「GIGAスクール構想」で主力製品の採用が進むことも上振れに貢献する。業績好調に伴い、今期の年間配当を従来計画の10円→12円(前期は10円)に増額修正した。

扶桑薬 <4538>
21年3月期上期(4-9月)の経常利益(非連結)を従来予想の7.5億円→16億円に2.1倍上方修正。増益率が19.6%増→2.6倍に拡大する見通しとなった。後発医薬品の販売促進効果などで、売上高が計画を上回ったことが寄与。原価率の低減に加え、販管費が想定を下回ったことも利益を押し上げた。