今が買いの上昇が期待銘柄 8月5日

ツルハHD <3391>
20年5月期の連結経常利益は前の期比6.9%増の462億円で着地。続く21年5月期は前期比0.4%増の464億円と28期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。今期は新規エリアを含めた地域集中出店で130店舗の出店を計画し、2.3%の増収を見込む。併せて、前期の年間配当を148円→167円(前の期は148円)に増額し、今期も167円を継続する方針とした。

アンジェス <4563>
新型コロナウイルス感染症DNAワクチン治験届の調査が完了。治験施設における治験審査委員会の審議・承認を経て、臨床試験を開始する。

ANAP <3189>
AIの動画解析技術を活用したファッションEC販売向け人物画像/動画切り抜きシステム「Lab pick(ラボピック)」を開発。画像編集のトリミング作業をAIで自動化する。

中村超硬 <6166>
20年3月期に債務超過を解消したことに伴い、上場廃止に係る猶予期間入り銘柄から解除となった。

タマホーム <1419>
20年5月期の連結経常利益を従来予想の90億円→97億円に7.8%上方修正。増益率が29.4%増→39.5%増に拡大し、従来の2期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした。前期業績の上方修正は2月に続き、2回目。主力の注文住宅事業で戦略商品である地域限定商品の利益率改善が進んだことに加え、不動産事業でオフィス区分所有権の販売が計画を上回ったことが上振れの要因となった。