今が買いの上昇が期待銘柄 5月13日

TOWER <4485> 
20年3月期の連結経常損益は500万円の黒字(前の期は1億6600万円の赤字)に浮上し、従来予想の1億3800万円の赤字予想から一転して黒字で着地。続く21年3月期の同利益は前期比21倍の1億0700万円に急拡大し、2期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。前期業績の上振れは国内IBS事業の好調やタワー事業で先行投資費用を抑制したことが要因。今期は5G導入の本格化などを背景に国内で設備投資効率化ニーズが高まるなか、通信インフラシェアリングの需要を取り込むほか、海外でも新興国を中心に導入を伸ばし、32.2%の大幅増収を見込む。

Ciメディカ <3540>
20年12月期第1四半期(1-3月)の連結経常利益は前年同期比47.2%増の7.8億円に拡大して着地。新型コロナウイルスの感染拡大を背景に、マスクや手指消毒剤などの感染対策商品の販売が急増し、22.2%の大幅増収を達成したことが寄与。

アース製薬 <4985>
20年12月期第1四半期(1-3月)の連結経常利益は前年同期比3.3倍の51.4億円に急拡大して着地。記録的暖冬を背景に虫ケア用品の初動が好調だったほか、新製品の投入なども寄与し、増収を確保した。売上構成の良化による原価率の改善に加え、マーケティング費用の抑制で販管費が減少したことも利益拡大につながった。

<4424> Amazia
20年9月期の営業利益を従来予想の5.47億円から9.00億円(前期実績4.16億円)に上方修正している。マンガアプリ「マンガ BANG!」の月間アクティブユーザー数が増加したほか、ユーザーの決済率が高まった。「巣ごもり消費」で電子書籍のユーザーが拡大傾向にあることに加え、大手出版社の人気作品の配信数が増加することも利益を押し上げる見通し。

<3386> コスモ・バイオ 
20年12月期第1四半期の営業利益を前年同期比53.6%増の3.47億円と発表している。ライフサイエンス領域の研究開発で自社製品やサービスを提供したほか、在庫充実で迅速出荷に取り組んだことも奏功した。また、販管費の伸びを抑制したことも利益を押し上げた。通期予想は前期比6.0%増の4.30億円で据え置いた。進捗率は80.7%に達しており、上方修正への期待が高まっている。