今が買いの上昇が期待銘柄 5月4日

<6888> アクモス
20年6月期第3四半期累計の営業利益を前年同期比46.2%増の5.19億円と発表している。通期予想は前期比8.9%増の3.85億円を据え置いた。ITソリューション事業でSI・ソフトウェア開発分野やIT基盤・ネットワーク構築分野が順調に伸び、利益を押し上げた。通期は会社予想から上振れて着地する可能性があるとの見方が広がっている。

電算システム <3630>
20年12月期第1四半期(1-3月)の連結経常利益は前年同期比48.4%増の11.6億円に拡大して着地。SI・ソフト開発分野でオートオークション業務システムや教育関連システム、デジタルサイネージ、クラウド関連サービスなどの案件が大きく伸びたことが寄与。上期計画の11.5億円をすでに上回っており、業績上振れが期待される。

テクマト <3762> 
20年3月期の連結経常利益を従来予想の24.6億円→30.1億円に22.4%上方修正。増益率が4.6%増→28.0%増に拡大し、従来の5期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした。継続的なセキュリティ投資需要の高まりを背景に、セキュリティ関連製品が伸びたほか、戦略的に推進しているストック型ビジネスの拡大も奏功し、売上高が計画を上回ったことが寄与。販管費の減少に加え、アプリケーションサービス分野の伸長や事業構造改革の進展も利益を押し上げた。

<4385> メルカリ
大幅反落後プラス転換。これまで非開示としていた20年6月期の営業損益予想を250.00億の赤字-230.00億円の赤字(前期実績121.49億円の赤字)と発表している。メルカリ日本事業などが成長した一方、メルペイや米国事業の認知度向上などのために広告宣伝を実施したことから、赤字が拡大する見込み。ただ、第4四半期は景気の不透明感が強まっていることを受けて広告宣伝費や販管費の削減を図るとしている。

<3998> すららネット
20年12月期第1四半期の営業損益を0.78億円の黒字(前年同期実績0.92億円の赤字)と発表。学習塾マーケットや学校マーケットが堅調に推移したほか、個人学習者向けのBtoCマーケットが伸長した。販管費の減少も黒字転換に寄与した。通期予想は前期比136.2%増の1.52億円の黒字で据え置いた。進捗率は51.3%に達している。第1四半期の好スタートが評価され、買いが集まったようだ。