今が買いの上昇が期待銘柄 10月8日

トーセイ <8923>
19年11月期第3四半期累計(18年12月-19年8月)の連結税引き前利益は前年同期比13.4%増の111億円に伸びて着地。売上原価の減少などで2ケタ増益を達成した不動産流動化事業が利益を牽引した。通期計画の112億円に対する進捗率は99.4%に達しており、業績上振れが期待される。併せて、株主優待制度を新設すると発表。毎年11月末時点で100株以上を保有する株主に対し、クオカード1000円分を贈呈する。
ディーエムソリューションズ <6549>
イオレ <2334> [東証M]と、アナログ広告とデジタル広告の融合に向け業務提携。DMなど紙媒体を用いたアナログ広告を提供中の広告主に対し、イオレが強みとするデータを活用した広告サービスを提供する。

シャクリー・グローバル・グループ <8205>
株式非公開化を目的に発行済み株式数の13.7%にあたる35万5922株(金額で21億674万7600円)を上限に自社株TOB(株式公開買い付け)を実施する。公開買い付け期間は10月8日から11月7日まで。買い付け価格は5800円、TOB後は株式併合を実施し端株を1株6250円で既存株主から買い取る

ローソン <2651>
20年2月期上期(3-8月)の連結経常利益を従来予想の305億円→351億円に15.1%上方修正。従来の9.1%減益予想から一転して4.7%増益見通しとなった。連結子会社の業績が好調だったことに加え、予定していた一部店舗の閉鎖費用を下期に見直したことも上振れに貢献した。

メディネット <2370>
台湾上場バイオ医薬品企業のメディジェン・バイオテクノロジーに対し、がんを対象とするガンマ・デルタT細胞培養加工技術のライセンスを供与。これにより、同技術を用いた培養加工件数に応じたロイヤリティを受け取る。