今が買いの上昇が期待銘柄 8月20日

串カツ田中ホールディングス <3547>
従来未定としていた19年11月期の期末一括配当は30円(前期は13円)実施する方針とした。東証1部への市場変更を記念する配当15円を実施するほか、普通配当も前期から2円増額する。同時に、発行済み株式数(自社株を除く)の0.27%にあたる2万5000株(金額で6000万円)を上限とする自社株買い実施を発表しており、株主還元を好感する買いが期待される。

新日本製薬 <4931>
株主優待制度を導入。9月末時点で100株以上保有の株主に「パーフェクトワン モイスチャージェルハーフサイズ」 1 個を贈呈。300株以上の保有で「パーフェクトワン モイスチャージェル」「機能性表示食品 キオクリーフ」「機能性表示食品 Wの健康青汁」各1個を贈呈する。

シノケングループ <8909>
創業30周年記念株主優待を実施する。19年12月末、および20年12月末基準日に100株以上保有している株主に対しクオカード1000円相当を贈呈。通常優待基準の500株以上保有株主には1000円加算しての贈呈となる。また、10年以上の長期保有者には1000株以上の保有で通常優待分と合わせて1万円相当を贈呈の上、2020年6月末基準日に100株以上保有で3000円相当、500株以上で5000円相当、1000株以上で1万円相当のクオカードが贈呈される。

ハウテレビジョン <7064>
20年1月期第2四半期累計(2-7月)の経常利益(非連結)を従来予想の3700万円→7200万円に94.6%上方修正。従来の2.6%減益予想から一転して89.5%増益見通しとなった。主力サイトの外資就活ドットコムでサービスを利用するユーザが順調に伸び、売上が計画を上回ったことが寄与。計画していた人員採用が一部未消化となり、採用費用や人件費が想定を下回ったことも利益を押し上げた。修正した上期予想は通期計画9200万円に対する進捗率が78.3%に達しており、通期業績の上振れも期待される。