今買いたい大化け候補銘柄 8月12日

ショーボンドホールディングス <1414>
19年6月期の連結経常利益は前の期比8.7%増の121億円になり、20年6月期も前期比3.6%増の126億円に伸びを見込み、2期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。6期連続増収、8期連続増益になる。
同時に、前期の年間配当を130円→135円(前の期は125円)に増額し、今期は74.5円とし、6月30日割当の株式分割を考慮した実質配当は10.4%増配とする方針とした。直近3ヵ月の実績である4-6月期(4Q)の連結経常利益は前年同期比16.0%増の20.8億円に伸び、売上営業利益率は前年同期の10.8%→12.8%に上昇した。

IHI<7013>
年初来安値を更新。前日に第1四半期決算を発表、営業利益は10億円で前年同期比92.5%減益、会社側社内計画を100億円程度下回ったもよう。ボイラ事業における追加費用の発生、中国ターボチャージャー事業の減速、航空エンジンにおける整備ライン稼働回復遅れによるスペアパーツ事業の売上未達などが下振れの背景のもよう。悪材料が集中的に重なった印象が強いが、減益幅の大きさをマイナス視する動きが優勢に。

 デジタル・インフォメーション・テクノロジー <3916>
19年6月期の連結経常利益は前の期比40.0%増の11億円に拡大し、20年6月期も前期比6.4%増の11.7億円に伸びを見込み、10期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。10期連続増収、増益になる。同時に、今期の年間配当は前期比2円増の18円に増配する方針とした。直近3ヵ月の実績である4-6月期(4Q)の連結経常利益は前年同期比0.0%の1.4億円となったが、売上営業利益率は前年同期の5.0%→4.4%に悪化した。

豆蔵HD <3756>
20年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比2.2倍の6.7億円に急拡大して着地。企業の旺盛なIT投資需要が続くなか、ビジネスUIプラットフォーム「Biz/Browser」の大型案件を獲得したことが寄与。1月にメガチップス <6875> から買収したシステム事業の業績上積みなども収益を押し上げた。上期計画の10.4億円に対する進捗率は64.5%に達しており、業績上振れが期待される。