四季報記者が選んだ新年度大バケ期待の20銘柄(2月26日)

メガチップス <6875>
21年3月期の連結最終利益を従来予想の27億円→200億円に7.4倍上方修正し、7期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなった。ゲームソフトウェア格納用と中心としたLSI製品の需要が想定以上に伸びることが寄与。米サイタイム社の株式売却益を計上することも最終利益を大きく押し上げる。

CAICA <2315>
フィスコ <3807> [JQG]との資本業務提携を強化。また、持ち分法適用関連会社であるZaif Holdingsの株式を取得し連結子会社化する。暗号資産ビジネスを強化。

ネクスグループ <6634>
21年11月期にZaif Holdings株の売却益6億円、フィスコ <3807> [JQG]株の売却益2400万円を特別利益に計上する。Zaif株の売却先はCAICA <2315> [JQ]、フィスコ株はCAICAとクシム <2345> [東証2]。また、CAICAが保有する同社株すべてを取得する。これによりCAICAの持ち分法適用会社から外れる。取得価額は5億8900万円。

住友電 <5802>
21年3月期の連結経常利益を従来予想の830億円→970億円に16.9%上方修正。減益率が36.4%減→25.7%減に縮小する見通しとなった。今期業績の上方修正は2月3日に続き、3回目。自動車関連製品の販売が想定を上回ることが寄与。生産性向上によるコスト削減に加え、持ち分法投資損益が改善することも上振れに貢献する。

にほんブログ村 株ブログへ

四季報記者が選んだ新年度大バケ期待の20銘柄(2月23日)

ミナトホールディングス <6862>
発行済み株式数(自社株を除く)の1.03%にあたる8万株(金額で3000万円)を上限に自社株買いを実施する。また、株主優待制度を変更。優待品のうち、「タッチペン」を子会社プリンストンが取り扱う商品(保有株数と保有期間に応じて1500円~3万円相当以上)に変更する。

<7068> フィードフォース
21年5月期の営業利益を従来予想の6.44億円から8.39億円(前期実績4.15億円)に上方修正している。プロフェッショナルサービス事業が計画を上回って進捗していることに加え、広告業界の季節性要因による業績拡大を織り込んだ。SaaS事業も新規案件の獲得や売上単価の増加で堅調に推移しているほか、採用抑制やリモート勤務に伴い営業費用が減少したことも利益を押し上げる見通し。

JFEシステムズ <4832>
21年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比6.1%減の30.9億円に減った。しかしながら、併せて通期の同利益を従来予想の38億円→45億円(前期は48億円)に18.4%上方修正し、減益率が20.9%減→6.3%減に縮小する見通しとなった。

滋賀銀行 <8366>
発行済み株式数(自社株を除く)の1.09%にあたる55万株(金額で10億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は2月22日から3月24日まで。うち49万7500株を2月22日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で取得する。

にほんブログ村 株ブログへ