今買いたい大化け候補銘柄 1月30日

太洋工業 <6663>
18年12月期の連結経常利益を従来予想の3600万円→1億3000万円に3.6倍上方修正。増益率が71.4%増→6.2倍に拡大する見通しとなった。商社事業や検査システム事業が振るわず売上高は計画未達となったものの、外観検査装置の販売好調に加え、設備投資の抑制で採算が改善したことが利益を押し上げた。業績上振れに伴い、期末一括配当を従来計画の3円→5円(前の期は3円)に大幅増額修正した。

日車両 <7102>
19年3月期の連結経常利益を従来予想の47億円→66億円に40.4%上方修正。減益率が35.7%減→9.8%減に縮小する見通しとなった。東日本大震災復興工事の本格化や東京五輪関連工事の増加が追い風となる建設機械事業を中心に堅調に推移するなか、利益率が想定より上向くことが上振れの要因となる。

平和不 <8803>
19年3月期の連結最終利益を従来予想の53億円→58億円に9.4%上方修正。増益率が0.2%増→9.7%増に拡大し、従来の2期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした。第3四半期(10-12月)に賃貸事業で固定資産売却益を計上したことが最終利益を押し上げる。業績上振れに伴い、今期の年間配当を従来計画の40円→45円(前期は37円)に増額修正した。

ゼンリン <9474>
19年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比80.3%増の18.7億円に拡大して着地。主力の地図データベース事業で国内カーナビゲーション用データの販売が好調だったほか、IoT関連の開発受託なども伸びたことが寄与。