今買いたい大化け候補銘柄 11月23日

2018/11/23 16:30

<6064> アクトコール
光通信<9435>と資本業務提携に関する基本合意書を締結したと発表。光通信はアクトコールの筆頭株主であるエフォートから192万0800株(議決権所有割合25.00%)を市場外の相対取引で取得する。また、光通信グループに提供している緊急駆けつけサービスなどの販売促進に加え、決済代行サービスの同グループへの提供、同グループのサービスをアクトコールの顧客へ販売することで提携する。

<3486> グローバルリンク
12月13日に上場市場が東証第1部に変更されると発表している。市場変更の形式要件の充足のため、立会外分売を実施する。予定株数は30万2000株、予定期間は12月7-11日。また、株主優待制度を導入するとともに市場変更に際し記念株主優待を行う。優待制度では12月31日現在の株主を対象に物件のリリースパーティー無料招待券を贈呈し、特別優待価格で販売する。記念優待では5000 円分のQUOカードを贈る。

日産自動車<7201>
金融商品取引法違反の容疑によりカルロス・ゴーン会長が19日に逮捕されたことを受け、20日の株価は急落したが、21日に続きこの日と株価は反発している。仏ルノーと三菱自動車<7211>を含む3社連合の行方に不透明感が出たことが警戒されているが、短期的には業績に対する直接の影響は見込まれていないほか、配当利回りは5.9%前後の水準にあり「さすがに割安感が強い」(アナリスト)との見方が出ている。

<2928> RIZAPーG
19日につけた年初来安値248円をボトムとした戻り局面が続き、直近の価格帯別売買高で商いが集中するレンジの250-300円を明確に上抜けた。これにより、前述のレンジ上限である節目の300円処がサポートラインとして意識されており、本日はこちらに近づくと積極的な押し目拾いの動きもみられている。急降下していた短期線の5日移動平均線の角度も緩やかになりつつあり、目先は同線の反発も視野に入ってこよう。