今買いたい大化け候補銘柄 10月1日

岡山製紙 <3892>
19年5月期第1四半期(6-8月)の経常損益(非連結)は3億円の黒字(前年同期は1億1800万円の赤字)に浮上して着地。ネット通販や飲料向け段ボールの需要拡大や値上げ浸透が寄与し、2ケタ増収を達成した。中国向け古紙の輸出規制で国内流通量が増加し、古紙価格が大幅に下落したことも大幅増益の要因となった。古紙価格の下落を踏まえ、上期の同利益を従来予想の2億8500万円→4億円に40.4%上方修正した。

ハピネット <7552>
19年3月期上期(4-9月)の連結経常利益を従来予想の15億円→18億円に20.0%上方修正。従来の8.5%減益予想から一転して9.8%増益見通しとなった。今月歌手を引退した安室奈美恵さんのラストツアーDVDなどの販売が好調だったことが寄与。星光堂の音楽映像パッケージ卸売事業を承継した子会社の業績改善も上振れに貢献した。

ネットワン <7518>
19年3月の連結経常利益を従来予想の110億円→120億円に9.1%上方修正。増益率が30.7%増→42.6%増に拡大する見通しとなった。中央省庁の大型案件を含め、セキュリティ対策やクラウド基盤のシステム構築案件が想定より伸びることが寄与。サービス部門の拡大に加え、原価低減や生産性向上も上振れに貢献する。