今買いたい大化け候補銘柄 3月1日

コスモス <6772>
19年3月期の連結経常利益を従来予想の5億円→5.8億円に16.0%上方修正。増益率が53.8%増→78.5%増に拡大する見通しとなった。中国などの減速を背景に可変抵抗器の販売が伸び悩むものの、生産効率の改善で吸収する。「ふくしま産業復興企業立地補助金(第9次)」1.4億円を計上することも利益を押し上げる。

三社電機 <6882>
従来未定としていた19年3月期の年間配当は28円(前期は20円)実施する方針とした。好調や業績や財務状況を踏まえ、株主への利益還元を増やす。今期最終利益は前期比26.8%増の13.5億円に伸びる見通し。配当権利日を約1ヵ月後に控え、配当取り狙いの買いなどが期待される。

ミサワホーム <1722>
19年3月期の期末一括配当を従来計画の20円→25円(前期は20円)に増額修正した。配当性向や足もとの業績動向を踏まえ、株主への利益還元を増やす。期末配当利回りは3.38%に上昇し、配当権利日を約1ヵ月後に控え、配当取り狙いの買いなどが期待される。

ODK <3839>
19年3月期の連結経常利益を従来予想の3.4億円→5.1億円に50.0%上方修正。従来の12.1%減益予想から一転して31.8%増益見通しとなった。教育業務における売上増加に加え、外部要員費用や支払手数料が想定を下回ることが主因。証券総合システム「SENS21」解約に伴う一過性のデータ移管対応が完了すること、不公正売買監視システム「Watch21」の開発や「SENS21」の機能追加開発を受託したことも上振れに貢献する。予想PERが15.3倍→10.5倍に低下し、割安感が強まった。